入れ歯

入れ歯が合わない、痛い、噛めないなど、悩んでおられる方が沢山おられます。合わない入れ歯を使い続けると、食べ物を噛むことに支障をきたすだけでなく、精神的にも負担が生じます。当院は院長が大学で補綴学を専攻していたこともあり、入れ歯に関して数多くの症例を扱っています。入れ歯が合わなくて悩んでいる方はぜひ当院にご相談ください。
当院では保険診療と自費診療の2つを用意しています。

自費診療の入れ歯とは

金具やばねがなく、入れ歯を付けていることが気づかれにくいタイプの入れ歯です。入れ歯が外れたり、ずれたりすることが少なく、残っている歯の負担を減らすことができます。

当院で取り扱う『セレーブデンチャー』(自費診療)の紹介

セレーブデンチャー特徴

見た目がいい
従来の部分入れ歯(上顎)
セレーブデンチャー(上顎)
従来の部分入れ歯(下顎)

見えている金属は『クラスプ』といわれるもので、入れ歯を維持するために隣の歯に引っ掛ける金属のバネです。

セレーブデンチャー(下顎)

弾性のある特殊な樹脂によって、金属バネを無くした美しい入れ歯が出来上がります。

付け心地がいい

金属の補強がいりませんので、薄くて軽い仕上がりとなります。

従来の部分入れ歯

入れ歯の厚みによる段差、また金属バネの違和感があります。

セレーブデンチャー

薄くて、ぴったりフィットするので着け心地が良く、違和感も少ない入れ歯です。

食べ物が詰まりにくい

隙間が少ないため食べ物が詰まりにくい仕上がりとなります。

金属バネの入れ歯よりカタつきが少ない

カタつきにくく、浮き上がりにくい仕上がりとなります。

『セレーブデンチャー』を使用した方の感想

  • 人前で口を隠さずに笑えるようになった
  • カラオケが上手くなった
  • 早く知っていれば良かった
  • 入れ歯の段差が少なく、つけ心地がいい
  • カタつきが少なく食事の際に外れにくい
  • 食べ物が詰まりにくい
  • はめてて楽だ
  • 思った以上に良い
  • 口の中の段差が少なくなった
  • 軽い
  • 自分の歯みたい

『セレーブデンチャー』装着例

従来の部分入れ歯
セレーブデンチャー
従来の部分入れ歯
セレーブデンチャー
従来の部分入れ歯
セレーブデンチャー
従来の部分入れ歯
セレーブデンチャー
  • tel:084-924-3718 お気軽にお問い合わせください
  • ひらち歯科医院blog
  • btn_tel_sp.jpg
  • ひらち歯科医院blog
084-924-3718